img_0558.jpg

​お客様の声

現在までの研修実績 
62社

お客様満足度98.7%

無料体験会を実施中です。

お気軽にお問合せ下さい。

​大手PR会社 支社長様よりメッセージ

とても勉強になりました。目から入る情報量は視覚的かつ量としても非常に多く、また、普段、目が見える私たちはスタッフ、関係者など皆で同じモノを見ている、見えているが故に、共通認識や共通の理解ができているとの前提から物事をスタートさせがちです。

 

そのため、伝達手段である言語については、非常に抽象的な表現を使用し、結果的には、「報・連・相」や「指示」など関係者とのコミュニケーションにおいては非常にアバウトな言語コミュニケーションが日常的に溢れかえっています。

 

これらのアバウトな言語コミュニケーションが、コミュニケーションの中心となっており、関係者間のミスリードやミスコミュニケーションをおこし、業務効率の悪化や業務のクオリティを低下させる大きな要因となっています。

実際、共通の視覚的情報を遮断するブラインドコミュニケーション研修を受けてみると、私達が日常的に使用している言葉の曖昧さを改めて痛感させられる研修となり、いかに視覚的情報に頼っているのか、共通の視覚情報から共通認識を持っている気になっているのかを実感させられる結果となりました。

 

今回、ブラインド研修を通じて、あえて視覚情報を遮断することで改めて言語コミュニケーションの重要性や役割を再認識することができました!視覚+言葉のコミュニケーションレベルをUPさせることができれば、さらにクオリティアップができると確信できる研修でした。

​大手物流会社様

女性30代 事務職

相手の立場や価値観、尺度など意識する必要性を非常に痛感しました。同じ言葉を使っても、人によって理解や認識度合いが違う!現在チームで仕事をしているのでチームでのコミュニケーションの取り方の参考になりました。特に話をしたことが相手に伝わったのかの確認や、相手に伝わっていないことも示さなければよいコミュニケーション、よいチームワークには発展していかないと思いました。
 

男性40代 管理職 
自分の説明や文章がいつも抽象的すぎることに気が付きました。自分自身はそこまで大きな課題だと認識していなかったコミュニケーションが実は課題であることに気が付きました。社員全員が同時に参加して、社内課題についてディスカッションする機会をもったほうがいいと思う。相手のとの認識にギャップがあることをみんな知ってほしい。

 

男性40代 管理職 

 一人一人、コミュニケーションにおける価値観の違いに驚かされた。だからこそ、普段から「はい、いいえ」だけで終わらすのではなく自分の思いを返さなければ伝わらない。しかしそのためにはみな、普段、いかに相手の表情に影響されて話をしているかを知らなければならない。今日のワークでは視覚に頼る事がないため、本音で言葉と向き合う事ができ、質問の仕方についても考えるようになった。また研修メンバー全員の顔や名前を覚えることができ、一体感を感じることができた。職場でみなの反応が怖く、関わることを避けていたが、それではチームワーク・信頼は生まれない。反応は人それぞれであるため、もっと関わっていこうと決めた。

​大学 キャリアセンターの皆さまの声

男性30代 管理職

 
見えている人でもひとそれぞれで視点やアウトプット伝え方が違うのだということが分かったため、まずは部下に「言葉を変えて」声がけしようと思いました。加えて、ブラインドは情報量という考えがすごく心に響きました。

確かに既存社員の情報量と新卒社員の情報量は質が異なります。

そのあたりを曖昧なまま「分かってくれるだろう」と進むことがこんなにも認識にズレがでてくるなんて・・。チーム全員で意味を理解する体験をできて本当によかったです!
 

女性50代 一般事務職 

 
伝える側、それを受け取る側、両方の視点で、目的を達成するためのプロセスや意識を共有することを学んだことが大きかったです!最後のワークでは誰に対し、どの情報をどの程度、共有するかという点が実際の仕事を考えたときに非常にネックに感じ、縮図のようなワークと感じました。
 

男性40代 採用担当者


自分に何が足りないのか、整理して確認できるようになりつつあります。特に相手は学生さんのため「分かっているだろう」という前提で話をしないこと、そして心がけを持つ事。説明する時の「言葉」をよりどう伝わるのかを意識し、適切な表現、言葉は何か、言葉を厳選するようにしています。何度でも体験したいです!

​人材紹介会社の皆さまの声

女性30代 入社6年目 

 
自分の認識が人もみな同じであるという前提で普段コミュニケーションをとっている事がよく分かった。

お客様、カウンセラー、営業、企業さんといろんな人が間に入る仕事柄、確実にコミュニケーションエラーが起こっている。自分の思考の癖や伝え方の癖がよく分かったので(私は情報を多く与えすぎる癖)、相手の視点に合わせた伝え方を実践していきたい。

男性30代 入社5年目

 
チームで参加して、あの人何を考えているか分からないと諦めていたことに反省をしました。本音で話す機会を得る事ができて本当によかった!!!
互いに顔見知りだからこそ、「こういうものだろう」という大枠が曖昧なまま(共有しないまま)進み、結果的に認識のずれ(相手が求めていることを知らない、よかれと思っていたことが本当は良くななかった)があるのだと改めて気付かされた。

 

女性30代 入社2年目

 
チームとして何を重視してどんな価値を生んでいくのかいろんな意見をぶつけることができてよかったです。ビジョン→戦略→施策など目的の認識合わせをしなければ、手段が目的になってしまう!

​その他感想

スクリーンショット 2022-05-10 143719.png
スクリーンショット 2022-05-09 115404.png
スクリーンショット 2022-05-09 115604.png